© 2021 伊達市ニュース

エコロジー

いじめの防止等のために 学校はいじめは駄目ですよと言い平

- 2021年3月18日

いじめの防止等のために 学校はいじめは駄目ですよと言い平。こんにちは。小説家になるために文章力を上げようと努力している者です 下の文がおかしくないか、そしてくどくないか チェックしてください できればおかしい文章の代替案もよろしくお願いします 僕は今スランプで、自分でも良い文か悪い文か分からなくなっています 「とある日の夕方、教室の忘れ物に気づき、僕は下校途中の道を引き返した 昼から雨は時が経つたびいっそう強まり、靴にかかる水が登校時よりも鬱陶しかった 僕の体の輪郭から滲み出た陰惨たる記憶を、雨が洗い流してくれる事を願ったが、ただの時間潰しの妄想に過ぎなかった 」 「良くも悪くも平衡的な社会では、異物はすぐ様取り除かれる そして社会の縮図である学校は、その特徴が顕著に現れる 学校はいじめは駄目ですよ、と言い平衡的な社会を目指しているが、その平衡的な社会こそがいじめの温床となっている事を彼らは知らないのだ 教育に重要なのは、直線的な環境ではなく、バラバラな点と線を結ぶ事ができる教育者の寛容な心だと、僕は中学生にして悟った 」 ちなみに年齢は高校2年です 見苦しい文章力ですよね いじめの防止等のために。主に学校という空間の中で。交友関係のストレスやその場の「雰囲気空気」
という感覚 的な動機によるものが多いことが最近の特徴です。また。いじめられ
ている者が深く心の傷を 負っているにもかかわらず。いじめる側からすれば

防げるか。これはひょっとしていじめだったの?と。後で気が付いたということを異口同音
におっしゃっている。 武田。自分を責めてしまう。二重に気の毒なことですよね
。 教育社会学が専門の内田さんも。学校学校におけるいじめ問題に関する基本的認識と取組のポイント。どのような社会にあっても。いじめは許されない。いじめる側が悪いという明快
な一事を毅然とした態度で行きわたらせる必要がある。いじめは個性や差異を
尊重する態度やその基礎となる価値観を育てる指導を推進する。道徳教育。心の

こんにちは。他の方も書かれていますが、硬い理屈っぽい文章だと思います。「小説家になるために」と言うことなので、もっと読みやすい文章を書いた方が良いのではないかと感じました。前半については、他の方もいろいろ触れられていますのでパスして、後半の「良くも悪くも平衡的な……」について書いてみます。私の頭が悪いためかどうか分かりませんが、何を言いたいのかはっきりと分かりませんでした。言いたいことの雰囲気は分かるのですが、明確には分かりません。どこが分からないのか考えてみたのですが、「平衡的な社会」「直線的な環境」「バラバラな点と線を結ぶ事ができる教育者の寛容な心」の3つの部分の意味が分からないのです。他の方は、きちんと理解されているのか、そのことについて何も書かれていませんが、私には明確に理解できません。できれば、具体的にどういうことなのかを書いて欲しいと思います。他に書かれている方もありますが、例えば「直線的な環境」とはどんなものなのかと言った事例を書いて、「直線的な環境」って何なのかを説明してほしいと思いました。具体的な事柄がないので、表面的な理屈だけの具体的なものとは結び付きにくい、別の言い方をすると浅くて心に響かない文章だと、私は感じました。「くどくないか」チェックしてください、とのことですが、逆にあっさりしすぎているように思います。この文章、きちんと書いたら具体的な説明などを入れたら十倍や二十倍に膨らんでも良いような文章ではないでしょうか?この文章は、そう言った文章を圧縮して要約してできた要約文のように私は見えます。また、「できればおかしい文章の代替案もよろしくお願いします。」とのことですが、そもそも内容をきちんと理解できなていないので書きようがありません。以下は、文章の書き方ではないのですが、「平衡的な社会」と言うのは、意味が全く分かりませんでした。「平衡」と言うのは、「つり合いが取れて安定した」と言った意味ですが、「平等」とは全く違った意味を持つ言葉です。他の方は「平等」と言い換えられていましたが私は理系化学系なので、「平衡」と言った場合に、物理?化学的な意味から捉えます。物理的な平衡と言った場合は、次のように考えます。例えば床の上に岩が置いてあって静止している。この場合、岩が地球の中心に向かって引っ張られる力と、床が岩を押し上げる力とが釣り合っていて静止していると見ます。物理的に平衡が成り立っているわけです。一般には、均衡という言葉がよく用いられます。「二つの勢力が均衡している」など。2つの力の大きさは等しいですが、方向は逆向きです。一般的に「均衡」と使うときは、そう言った感じだ、という意味になると思いますまた、天秤などの釣り合いの場合は、支点が真ん中になければ力の大きさは等しくありませんモーメントは等しい。化学的な平衡の場合は、1 A→B2 B→Aという反応が同時に起こる場合、2つの反応速度が同じになったときには、Aの量とBの量が変化しないため見かけ上反応が起こっていないように見えます。このようなときに化学的に平衡状態にあると言います。上記の物理的な平衡と違って、見かけ上は静止していますが、実際は反応が起こり続けています動的な平衡。また、AとBの量は同じでないことが普通です。「平衡的な社会」と書いてあると、「平衡」と言う言葉に、頭の中に上記のようなことがごちゃごちゃと出てきます。そのため、「平衡」的な社会ってどんなものなのか、考えてみましたがよく分かりません。いくつかの力がぶつかり合いながら、つり合いを保っている社会?見た目は止まっているようでも、内部では激しい動きのある社会??具体的にどんな社会なのか、さっぱり分かりませんでした。もう一つ、これも文章の書き方ではないのですが、「平衡的な社会では、異物はすぐ様取り除かれる」の部分。一応、「平衡的な」を「平等な」に置き換えて考えてみました。平衡的では上記のように、私には意味が分からないので「良くも悪くも平衡的な平等な社会では」と書かれてありますが、特に平等な社会でなくても、社会にとっての異物は取り除かれようとするのではないでしょうか?不平等な階級制の社会を考えてみても、逆に階級の違うものを平等に扱う、特に階級の低い者が階級の高い者を対等平等に扱おうとしたら、社会の異物として取り除かれませんでしょうか?どのような社会でも、その社会にとっての異物は社会が取り除こうとすると思います。平衡的な平等な社会だから異物を取り除く、ではなく、平衡的な平等な社会では「○○○〇な者」が異物であって、そのような異物が取り除かれる。と言うように書かないとおかしいのではないか、と思いました。別にそう書けと押し付けるつもりはありませんので、参考意見として聞いてくださいうん!確かに読みにくいね。ちょっと、文章が固すぎて初めてその文章を読む読み手のことを考えてないみたい。俺ならこのように文章を磨きなおすぜ。↓ある日の夕方、俺は自分の忘れ物を思い出して急いで学校に戻った。そしたら、その途中に、土砂降りの雨が降り、俺の体はずぶ濡れになってしまった。こんな不運に出くわしたのに、アホな俺は自分の心の中に溜まったドス黒い魔物が全部洗い流されて気分爽快じゃー!とキザに思った。????良くも悪くも平等な社会では性格の悪い異分子はすぐに除去される。そして、社会の縮図である日本の学校はその典型だ!俺の学校では先生は「いじめはダメですよ!」と言って俺たち生徒たちをみんな平等に扱おうとする。だが、その平等に押し付けようとする指導方法が生徒たちみんなの反発を招き、いじめが生まれるのだ。教育に重要なことはバラバラな点と点を線で結ぶ教育者の器用さだ!と中学生の俺は思った。???↑こんな感じでどうじゃ?目指す方向にもよりますからね。非常に主観的で個性的な文章だと思いますよ。金を稼ぐのに一番大切で難しいのは、話の娯楽性とか、テーマへの考察とかだと思います。話が面白ければ読者はワクワクしますし、深い考察であれば一部の読者はうなりながら読みます。そこら辺を極めれば、文章なんて読みやすいか読みにくいかだけの話になってしまうと思います。いじめについて語りたいなら、いじめについての情報収集を徹底的にする。当事者への聞き取り、過去のいじめの資料を読み漁る。識者の意見を収集する。それらの上で自分の見解を述べる。そうした文章なら、教育者はうなりながら読む文章が仕上がります。小説を作りたいなら、どんな見せ方が読者を引きつけるか検討して、どんなカタルシスを与えるか計算して、どんな売り方にするか考えたら良いです。すみません、キツいようですが個人的には面白くないです。あくまで個人的趣味で回答します。まず、説明的すぎるので、書き方を変えてみます。「チャイムが鳴り響く中、一斉に生徒たちが校内から流れ出た。そんな中、一人の生徒が流れに逆らうかのように教室へ向かう。その表情はくぐもって見える。教室につき“〇〇日記ここでキャラクターを見せても良い、日記など、いじめについて考えを綴っているものとか”と書かれたノートを鞄に入れ、ふと横を向いた。勢いよく窓にぶつかる雨を少年はぼうっと眺めていた。足跡でボコボコと凹む校庭を渡り、泥に塗れた靴元が、アスファルトでは綺麗に洗浄されてゆくのを少年は何かと重ねて見ていた。」このように、伝え方を変えてみることをお勧めします。あとジャンルによりますが主人公視点は描きづらいと思います。客観的に見た方が、メッセージが伝わりやすいです。また、いじめの過去は当事者か、第三者による気づきもできますが、あえて自らカミングアウトするならーーーーーー少年は机について、日記を開いた。日記の1ページにはこう記されている。“20〇〇年〇月〇日僕は〇〇に暴力を与えられた。以下略”ーーーーーー↑または、ヒロインが見てしまうなどのイベントを設ける。といった手法もありだと思います。まあこれが面白くてもつまらなくても、この手法だけでは小説は完成しませんけどね。作家です。結構厳しめで校閲しました。間違っても代案等を読んで、執筆の方向性を失わないように。各文へのコメントを内に。「とある日ある日にすれば、文字数が軽減、時間への印象がうすくなり、僕の体の輪郭~を強調出来る。の夕方、黄昏時等にすれば、情景への印象を強調出来る。教室の忘れ物大意としては通じるが、忘れ物や教室への忘れ物等にしておいた方が丁寧。に気づき、気づいてにすると、主観的に。僕は下校途中の道を引き返した。下校途中で、学生であることが分かる上、面倒な感じが伝わって良い。昼から雨は倒置法気味。雨は昼からの方が自然。時間に焦点を当てたくても、読みにくい。また、雨を秋雨等の季語に変えても厚みが出る。人物の教養深さが伺える。時が経つたび雨が一層強まりで充分に通じる。過剰な表現で読みにくい。時が経つたびは良い表現。昼から~まりの文を全体的に変えて組み込めると表現に厚みと、読みやすさが出る。いっそう強まり文末を全体的に適した形に。いっそうは漢字表記でも可。靴にかかる水が良い表現。ただ、少し軽いため文全体の中では浮いて見えなくもない。登校時よりも昼から急に雨が強くなったということが、ここでようやく分かる。朝から降っていたのか…という気分になる。ただ、登校下校とは関連性を上手く使えればいい文になる。鬱陶しかった。鬱陶しいが重い表現。鬱陶しく思えた等にした方が全体に合う。僕の体の輪郭から滲み出た陰惨たる記憶を、表現は良い…が、何のことか分からない。僕の体の輪郭とここまで場所を特定させる必要があるのか。雨が洗い流して記憶を洗い流すというのがわかりくい。かき消してとか、薄めてとかの方が好ましい。くれる事ことを願ったが、ただの時間潰しの妄想に過ぎなかった。」願うは切実なものだが、ただの~で上の文の価値を打ち消している。自己嫌悪等の表現でも、やや不適格。 「良くも悪くも平衡的な社会では、いい表現。全てが平等な社会とかにして皮肉っぽくするのもあり。異物はすぐ様直ぐ様、直ぐさまの方が読みやすい。取り除かれる。そして社会の縮図である学校は、断言しているが、学校が社会の縮図であることを証明出来ていない。そう思う理由を述べないと、人物が閉鎖的な視点であると思われる。その特徴が顕著に現れる。上と同様学校はいじめは駄目ですよ、と言い学校側を簡単な文にすることによって批判的であることを示されていていいが、もう少し強くしてもいい。駄目だと~、と仰って~等。前者は敬語を外している。後者は皮肉めいた敬語。平衡的な社会を目指しているが、その平衡的な社会こそがいじめの温床となっている平衡的な社会~となっている。の説明がない。証明が必要。事ことを彼らは知らないのだ。学校は~と述べているので彼らは不適格。教育に具体例として上げられた学校であると思っていたら、主語が教育…主題は学校なのか…という印象。前の文章をもっと鮮明に書くべき。重要なのは、直線的な環境ではなく、バラバラな点と線を結ぶ事ができる言いたいことはなんとなく分かるが、もう少し表現を丁寧にすべき。教育者の寛容な心だと、上の訂正に合わせて。僕は中学生にして悟った。」達観している感じは伝わるが、全体的に主権性が強く、悟ったで結びに出来るほどの前文ではない。以下代案です。ある日の暮れ方、忘れ物に気づき、僕は下校途中の道を引き返した。朝方から降り止まむことのない雨は一層強まっていた。靴に絡みついて、鬱陶しい。僕の体から漂う陰惨たる記憶の匂い。雨が薄めてくれればーそれはただの現実逃避に過ぎなかった。以下詳しく陰惨たる記憶等?主題の陰惨たる記憶を引き立たせるため、前は出来る限り生々しくしつつ、そっちにもっていかれないように簡潔に。雨の匂いや、傘に落ちる雨音等を入れるとより生々しくできる。社会たる学校ではいじめはいけないことだと言って、良くも悪くも平衡的な環境を目指す。そして、その社会こそがいじめの温床になっていることを彼らは知り得ない。良くも悪くも平衡的な社会では、異物は直ぐに取り除かれてしまう。出る杭は打たれるとはよくいったものだ。学校では、その特徴が顕著に現れた。学校に必要なのは平面的な環境ではなく、バラバラに出た杭を線で結ぶことができる寛容な心だと、僕は中学生にして悟ってしまった。そして、それが実現しないことも僕はどこかで悟っていた。以下いじめの温床の具体例等?学校の話を強調するため、文章の入れ替え。また、直線的等の表現を少し変えて手直しというのが難しかったので具体例を。最後に一文を足すことによって、達観した視点をより強く。自身の作風の特徴が、鮮明な情景や、軽い文体、ユートピア文学的な社会批判と言われているので、代案は貴方の文とかみ合わない所があると思います。貴方の文に寄せて書いていないので余計に。ですから、代案の書き方に文を過剰に寄せることなく、参考程度でお願いします。また、余計ながらアドバイスをさせていただくと、貴方の視点は素晴らしいので、書きたいことを書きまくって、後で推敲。みたいな形を取るとより文の内容に厚みが出るかと。また、文章力ではなく、内容全体の一貫性が弱いことが弱点に思えます。内容がぶれる、細部まで自身の思っていることを言語化に出来ないという点です。プロットの作成などで自分が思っていることをまとめ鮮明にした上で書くといいと思います。丁寧に一度で書ききり、推敲という形がピッタリかと。上はポメラで打ったものなので、文が乱れているかもしれませんが、ご容赦を。理屈っぽい語り口なんで、本質を突くような事を書かないと刺さらないですよ。一つ目の文章さっと目を通してみたけど“教室の忘れもの”の部分って“教室に君の忘れものを取りに戻っているシチュエーション”ですよね。教室の忘れもので本当にO.K.なのかい?二つ目の文章は、学校が平衡的な社会だと感じていないので、文章力云々ではなく、書いている内容に疑問符がついたよ。中学校にしろ高校にしろ、卒業後に能力により進路が振り分けられていくのに、平衡的な社会なんですか?在校している間だって、ルックスやコミュ力、学力、運動能力によりクラスの中での立ち位置が決まってきてませんか?閉塞した環境で求められる役割を演じる窮屈さは感じるけど、平衡的な社会とは感じないです。このぐらい、シンプルだけど、対句の要素が含まれてますねな言葉遣いで充分じゃないですか?山路を登りながら、こう考えた。智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい。共感できない文章力の添削なんて面倒くさいです。とりあえず、忘れ物をして、その道すがら、なぜいきなり回想というかモノローグを始めるんだ。って点が気になった。僕の体の輪郭から滲み出た陰惨たる記憶?身体に暴力を受けていて、それを表現したいのかな? って感じだが、いまいち、それがわかりずらい。暴力受けてないなら、単に「陰惨たる記憶」だけで良いと思うし、暴力うけているなら「冷たい雨のせいで、あいつらから受けた傷が今になって、また痛み出す」とか、もっとわかりやすい表現の方が良いかと。これなら、雨が単なる演出じゃなくて、記憶を掘り返すためのキッカケにもなって、意味もでてくる。そして、その痛みから、いじめの様子とかいじめ加害者とか、それらに対する先生の対応などを思い出し、イジメの原因は、社会や学校の在り方のせいなんだ! みたいな感じにつなげれば、自然な感じになるんじゃなかろうか。でも、これじゃ、モノローグというか、回想が長くなって、おそらくウンザリな感じになるので単に「憂鬱な気持ちで、忘れ物を取りに行った」「いじめられていることを匂わせる」ぐらいのプロローグにして、「何が起きている?」みたいに読者に思わせて、引き寄せて、いざ本編。ぐらいが良いかと。簡素な文体を心がけました。自信は無いですが。↓教室の忘れ物に気づいた僕は下校途中の道を引き返した。雨は昼よりいっそう強くなり、靴が濡れて鬱陶しかった。僕の体から滲む陰惨な記憶を洗い流してくれと願うも、無駄な期待に終わった。”平衡的な社会”において異物はすぐに取り除かれる。特に学校は社会の縮図なのでその特徴が顕著だ。学校は社会の平衡を保つために”いじめは駄目”と教えているが、その平衡的な社会こそがいじめの温床であることを彼らは知らない。教育に重要なのは直線的な環境ではなくバラバラな点と線を結べる教育者の寛容な心だと中学生にして僕は悟ったのだ。文書力をあげるコツは、色々な、タイプの違う人の文書を読みまくる事と、自分の書いた文書を何度も読み返す事です。自分なりによく書けたと思っても、翌日読み返すと違和感を感じたり、修正箇所を見付けたりしますから。こんな偉そうなことを書いていますが、私は本を読むのが好きなだけで、面白文書などは書けませんが。あと、下の回答者は、自称名門大卒の高学歴小説家で、頭と心が可哀想な人です。タップリと同情をしてから、違反報告してあげてください。

  • 僕がGIOS スポーツデポでジオスミストラルルイガノのク
  • ヤバイTシャツ屋さん ヤバいTシャツ屋さんのりりのドラム
  • 線形代数入門 以下の状況実際成り立っている具体的な例あげ
  • イディオム そういう場合辞書でなくDuoかTOEIC出る
  • じつはNG れて困るて聞かれて大丈夫答えてまった他の企業
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です