© 2021 伊達市ニュース

DVD

ソーシャル?スキル?トレーニングSST ある集団に対して

- 2021年3月18日

ソーシャル?スキル?トレーニングSST ある集団に対して。>事前と事後の値に対して、正の相関が有意差>有効に働いた可能性言えません。統計処理について質問があります こちら、統計処理に関して素人ですが、お答え頂ける方居ましたら、宜しくお願いします ある集団に対して、ソーシャルスキルを習得するプログラムを実施し、ソーシャルスキル尺度を事前と事後に実施しました 平均値の検定では、有意差がありませんでした 次に因子ごとの相関を見ようと思い、スピアマンの順位相関係数を出しました この時、ある一つの因子の事前と事後の値に対して、正の相関が有意差が出た場合、それはどのような事を言えるのですか つまり、実施したプログラムがその因子には、有効に働いた可能性があるって言えるんですか わかりにくい質問ですみません どなたか教えて下さい ソーシャル?スキル?トレーニングSST。さらに。児童生徒を対象としたソーシャル?スキル?トレーニングを実施する際
。教職員の共通理 解に基づいた組織的なこの尺度を活用し。質問項目に対し
て。児童生徒の回答を得ることで児童生徒のスキルの獲得状況 を把握することが

>事前と事後の値に対して、正の相関が有意差>有効に働いた可能性言えません。例えば,前 後1 12 23 3のような場合,相関係数+1 で完全な正の相関ですが,データは変化していません。単に,前後で関連がある,というだけです。「効果」の検定としては,相関分析は意味ありません。気になるのは,単純に,元の因子ごとに検定していないか,という点です。尺度を全体で分析する,あるいは,因子分析をして,尺度分類を再検討し,新たな因子ごとに分析するような手順が必要です。私が統計解析を指導した心理系の大学卒論でも,そうやってもらいました。興味深い心理学卒業論文:思春期の睡眠と大学生の自尊感情について実施したプログラムがその因子には、有効に働いた可能性があるって 可能性は、否定出来ません。ただ、文面からは、あるようには、想いません。「一つの因子の事前と事後の値に対して、正の相関」の部分は、???

  • @ikemenbisyouzyo 深キョンスケベか
  • 空虚感って何 生きるの疲れててなくて虚無感襲われる時って
  • シューベルト ピアノ学校の音楽でかひいた事なく今ひきたい
  • インスタ系統 こんな感じの加工ってどうやるんか
  • 車内でパソコンの電源も確保 ならゲーム内の車で事足りるの
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です